ロシアの驚き結婚風習

国際結婚では言語や文化、習慣など様々な違いとの出会いがありますが、中でも結婚式は違いが色濃く現れるもののひとつです。ロシアにも日本人にとっては、驚いてしまうような結婚風習が沢山あります。

グラス割り(シャンパン割り)

グラス割り(シャンパン割り)

日本では考えられない結婚風習のひとつとして、「グラス割り」という儀式があります。

グラス割りは結婚式の際に紐で結ばれたグラスでシャンパンを飲み干した後、2人でグラスを床や壁に叩きつけてグラスを割る儀式です。

中にはシャンパンの瓶そのまま割ることもあります。
日本では結婚式で「割れる」や「壊れる」などを連想させるものは縁起が悪いとされ、避けられますがロシアではグラスや瓶などの割れた破片の数だけ幸せがやってくると言われています。

パンと塩で祝う

パンと塩で祝う

ロシアでは大きな丸い形をしたパンに塩を添えてお客様を迎える風習があります。そしてこれは結婚式でも行なわれています。

丸いパンの真ん中には円柱状に空洞が設けられていて、そこへカップに入った塩が置かれます。新郎新婦は、結婚式の会場入り口で新郎の家族が準備したパンにたっぷりと塩をつけて食べます。

これは新婦を新しい家族として向かえる意味で行なわれ、たっぷりと塩をかけてパンを食べるのはこれが人生最後の辛味にあって欲しいという思いが込められているのです。

また、より多く食べた方が家の主になるという言い伝えもあります。

嫁さらい

ロシアの伝統的な結婚のしきたりの中で「嫁さらい」と呼ばれる、現在でも簡略化されながらも行われているものがあります。嫁さらいとは友人や近隣の方が、新婦をさらって隠してしまい、新郎は新婦を見つけ出してお金やお酒などで買い戻すという風習です。

これは新婦側の両親が、新郎の愛情の度合いを確かめ、新婦と結婚するに相応しい男なのか見極めるための儀式だと言われています。

当社は、ロシア人ルーマニア人女性のとの出会い・婚活・国際結婚をサポートしている国際結婚相談所です。日本・ロシアにそれぞれ日本人スタッフ・ロシア人共に在籍しており、紹介・出会いから、ビザ発行・永住権の取得まで国際結婚のサポートをいたします。
ロシア人スタッフの中には、日本語検定1級を取得しているものもいますので、お見合い時の通訳なども安心です。ロシア人・ルーマニア人との出会い・婚活・国際結婚をお考えの方でしたら、ぜひ当社にご相談下さい。

株式会社SONIC /国際結婚相談所/ 概要

会社名 株式会社SONIC
所在地 〒254-0019 神奈川県平塚市西真土3-5-37
電話番号 0463-79-9370
FAX 0463-79-9371
お問い合わせ お問い合わせはこちらから
URL http://www.bbagency.jp/
サイト名 ベストブライド
業務内容 結婚相談業/ロシア人・ルーマニア人との国際結婚相談所/出会いのご紹介/お見合い/